むくみの原因とその対策

むくみの原因は、複数考えられます


むくみとは、正式には「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれ、体の中の水分バランスの崩れから起こります。

細胞と細胞の間にも水分があるのですが、それが多くなってしまった状態がむくみです。
水分のバランスを崩す原因は、複数考えられます。



長時間同じ姿勢を取る

立ち仕事、座り仕事のように長時間同じ姿勢を取ると、血流が悪くなります。
血液の循環が悪くなると、血管から水分が染み出してしまいむくみとなります。

特に心臓から遠い位置にあり、末端である「足」は重力の影響もあってむくみが起こりやすくなっています。

水分、塩分、アルコールの摂りすぎ



水分や塩分を摂りすぎることで、体内の水分量が増加し、むくみが起こります。
塩分を摂ると体内の塩分濃度を一定に保とうと、水分をため込む性質があるためです。
さらにアルコールは、血管から水分を染み出しやすくするため、飲み会の後などはむくみやすくなっています。

お酒を飲んでしょっぱいおつまみ、心当たりはありませんか?

水分を取らなさすぎ

水分は摂りすぎてもむくみますが、取らなくて体内が水分不足でもむくみます。
水分が少ないと、血管へ水分を戻す作用が弱まってしまうため、細胞間の水分が多くなってしまうからです。

自律神経の乱れ


高いストレス状態でいると、自律神経が乱れて血流が悪くなることがあります。
血流の悪さ=むくみにつながりますので、ストレスはむくみを起こす原因の一つです。
気持ちが体に影響してくるというのがこわいですね。
また、睡眠不足も自律神経の乱れを起こしますので、むくみの原因となってしまいます。

むくみは性別によってなりやすさが違う?


むくみは、一般的に男性よりも女性の方がおこりやすいとされています。

女性は筋肉量が少なく、筋肉によって血流をポンプのように押し出す機能が男性より弱くなっています。
また、月経(生理)や妊娠、更年期などでホルモンバランスが乱れやすく、自律神経に影響が起こりやすいです。

男性よりも女性の方が、むくみ対策は必要と考えられます。


↓流行に敏感な女性にピッタリの美脚サプリメントの詳細はこちら↓

病気の可能性のあるむくみ


急にむくみだした、むくみが全く改善されないという場合には、病気の可能性も考えられます。

・腎臓病、腎不全
・心不全
・肝硬変


これらの重篤な病気のサインとも考えられますので、全身のむくみがひどくて辛い時や、むくみとあわせて他の症状(発熱やだるさ)などがある場合は、
病院などの医療機関へ相談しましょう

自分でできるむくみ対策


自分で簡単にできるむくみ対策は、以下の方法があります。

・むくんだ部分を上げる 
椅子に足を乗せるなど、高くすることで重力の力を使いむくみを解消する方法です。心臓よりも高くするとより効果的です。

・マッサージ
自分でマッサージすることで、血流が悪くなった部分にアプローチすることができます。
ふくらはぎ→太もものように心臓から遠い部分→心臓から近い部分へマッサージして流していくのがコツ。

・減塩、アルコール減
食事に気を付けて減塩を心がけましょう。
アルコールも絶対にやめる!ではなく、適量をほどほどに。
それだけでも随分むくみが違ってきます。

・入浴、ホットタオルなどあたためて血流促進
じっくり湯船につかる、ホットタオルを電子レンジなどで作って顔を温めるなどで血流をよくすることも効果的。
ホットタオルは血色がよくなり化粧のノリも変わってくるのでおすすめです。

・質の良い睡眠を取る
適切な睡眠で自律神経を整えましょう。
睡眠時間も大事ですが、最近は睡眠の質も重要視されています。
温まったからだが冷えていくことでスムーズに入眠できますので、睡眠時間の90分前頃に入浴しておき、寝るタイミングでちょうど体温が下がるようにしておくと、入眠しやすく質の良い睡眠がとれるのでおすすめです。

・体を動かす
適度な筋肉が血流を動かすポンプ役として必要です。
日中デスクワークのかたはなかなか難しいと思いますが、できるだけ体を動かして筋力低下を防ぎましょう。
例えば、歩くスピードを少し早めるだけでも体に負荷はかけられます。

これらが常に気を付けられていれば、むくみが起きることは少なく、むくんだとしてもひどくはならないでしょう。

対策ができない時は、むくみ対策グッズに助けてもらおう


毎日忙しい方については、常に継続してむくみ対策を行うのが難しい、どうしても生活習慣が変えづらいという場合もあります。
日々仕事や家事、育児などに追われる現代女性は、とくにむくみ対策を継続するのは至難の業でしょう。

たとえば生活習慣を変える際の助けとして、または対策を行えなかった時のサポートとして、サプリメントを活用するというのは一つの方法です。
また、着圧レギンスや着圧スパッツ・タイツなど、圧をかけてポンプ機能を助けてもらうことも有効です。
自分だけで対策できない時は、むくみ対策グッズにも頼りつつすっきりとした体を目指しましょう。


↓話題の美脚スッキリサプリメントはこちら↓



 

サイトマップ